フリーウエイトトレーニングのメリット・デメリット

ジム

パーソナルジムLIFE代表の水口です。

新年明けましておめでとうございます。

当ジムでは1/3から新年に営業をスタートしております。

今年も宜しくお願い致します。

さて、前回の記事で、筋力トレーニングは大きく分けてマシントレーニングとフリーウエイトトレーニングの2種類のトレーニング方法があるとお話させて頂きました。

本日は、前回の続編でフリーウエイトトレーニングのメリットとデメリットについてお話させて頂きます。

フリーウエイトトレーニングとは

ダンベルやバーベルなど固定されていない器具を扱ったトレーニングのことです。

↑このようなトレーニングのこと。

主なフリーウエイトトレーニングの代表例を挙げると、

  • ベンチプレス
  • スクワット
  • デッドリフト

など。

フリーウエイトトレーニングのメリット

  • 自由度が高く様々なバリエーションのトレーニングができる
  • ストレッチをかけやすく可動域が広くとれる
  • 重量やフォームなど細かい微調整が可能
  • フォームを保持するためにより体幹部も使える

フリーウエイトトレーニングのデメリット

  • フォームの維持が難しい
  • 鍛えたい筋肉以外にも効きやすい
  • ケガのリスクがある

フリーウエイトトレーニングに向いている人

大前提として、トレーニングは色々なバリエーションを行ってあげたほうが身体の成長が期待できます。

そんな中でも、比較的中級者以上向けといえるのがフリーウエイトトレーニングです。

理由としてはフォームの維持が難しく、鍛えたい筋肉に効かせるのも難しいです。

しかしその反面、マシントレーニングと違い、動きに制限がないため、より質の高いトレーニングを行うことができ、主要筋肉だけではなく細かな筋肉にも効かせることができます。

トレーニングの効果をより引き出すためには、フリーウエイトトレーニングは必須といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

個人的には、マシントレーニングの応用がフリーウエイトトレーニングだと思っております。

ある程度トレーニングに慣れてきたら、是非フリーウエイトトレーニングも取り入れてみてください。

ちなみに、以前勤めていたパーソナルジムには、トレーニングマシンは一台もなく、初心者のクライアント様に対しても、フリーウエイトトレーニングをメインに行っておりました。

初心者や運動が苦手な人でも、トレーナーがつけばフリーウエイトトレーニングでもできるようになれます。

また、中には一発でフォームも鍛えたい筋肉へ効かせる感覚も良い人もいらっしゃったので、フリーウエイトトレーニングもそこまで敷居の高いトレーニングに感じる必要はないかと思います。

マシントレーニング・フリーウエイトトレーニング、2種類のメリットとデメリットを理解して、必要に応じてうまく使い分けてトレーニングを行ってみてください!


体験トレーニング・無料カウンセリング随時実施しております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

詳細はホームページをご覧下さい。

各SNSも更新しておりますので是非チェックしてみてください。

https://www.instagram.com/personalgym_life (ジムアカウント)

https://www.instagram.com/kousei.fitness (トレーナーアカウント)

https://twitter.com/personalgymlife